田中 友理 | 名古屋大学情報学研究科 心理学講座 唐沢研究室

田中 友理

D3

プロフィール

略歴

学歴
2017.4-
名古屋大学大学院情報学研究科 心理・認知科学専攻(博士後期課程)
2015.4-2017.3
名古屋大学大学院環境学研究科 社会環境学専攻(博士前期課程)
2011.3-2015.4
明治学院大学心理学部 心理学科
教歴
2020.9-
東海学園大学 非常勤講師(心理学部心理学科) 「行動観察法」担当
2020.4-
愛知淑徳大学 非常勤講師(健康医療科学部 医療貢献学科 言語聴覚学専攻) 「健康科学統計演習」「言語聴覚学研究法」担当
2020.4-
椙山女学園大学 非常勤講師(文化情報学部メディア情報学科) 「社会心理学」担当
2019.9-
椙山女学園大学 非常勤講師(文化情報学部メディア情報学科) 「対人関係論」担当
2019.4-
東海学園大学 非常勤講師(心理学部心理学科) 「心理学実験Ⅰ」「心理学実験Ⅱ」担当
2018.4-
豊田地域看護専門学校 非常勤講師 「コミュニケーション論I・II」担当
2018.4-2019.3
東海学園大学 非常勤講師(心理学部心理学科) 「心理学基礎実験」「心理学特殊実験」担当

研究領域

差別,偏見,ステレオタイプ,道徳判断

研究業績

論文

  • 学位論文: Twitterにおける情報伝達の特徴に関する探索的研究―ステレオタイプ関連性と言語的抽象度に注目して―【未刊行卒業論文】
  • 学位論文: 被害者の属性情報が加害行為の解釈に与える影響【未刊行修士論文】
  • 田中 友理・宮本聡介・唐沢 穣(2016) ステレオタイプ情報はよりリツイートされるか?―ツイートの言語表現に注目した検討―. 人間環境学研究, 14, 171-178.リンク
  • 田中 友理・上野寛子・小西英行(2015) 大学生の実態と教員の印象とのギャップを明らかにする新手法-学生たちが求める要素を取り入れた授業改善に向けて-. 富山国際大学紀要現代社会学部, 7, 29-51.リンク

学会発表

  • 口頭発表
  • Tanaka, Y., & Karasawa, M.(2017, August).How trait information of victims influences perception of harmful acts One of the speakers in the symposium titled “Trends in the Study of Moral Judgments” at the 12th biennial Asian Association of Social Psychology Convention, Auckland, New Zealand.
  • ポスター発表
  • 田中友理・松尾朗子・塚本早織 (2020) どのように恨み忌避感は規範遵守行動を促進するか?:コロナ禍における感染予防行動に 注目して 日本心理学会第84回大会,Web開催,9月
  • 田中 友理・唐沢 穣 ・大平 有紀・日置 孝一(2017) 女性アイデンティティがジェンダー適合的商品の評価に与える影響,日本社会心理学会第58回大会,広島大学,10/29
  • 田中 友理・唐沢 穣 (2017) 被害者の属性情報が加害行為の解釈に与える影響,日本心理学会第81回大会,久留米シティプラザ,9/27
  • Tanaka, Y., & Karasawa, M. (2017, March). Is hurting a more vulnerable victim perceived to be more intentional and immoral?: the influence of perceived moral patiency of victims on moral judgements. International Convention of Psychological Science, Vienna.
  • 田中 友理・唐沢 穣・宮本 聡介(2016) ステレオタイプが情報の伝達されやすさに与える影響-言語的抽象度を用いたソーシャルメディア分析による検討-,日本社会心理学会第57回大会,関西学院大学,9/18
  • Tanaka, Y., Karasawa, M., & Miyamoto, S. (2016, July). The more stereotypic, the more Retweets: How linguistic abstractness and stereotypicality influence information transmission on Twitter. The 31st International Congress of Psychology, Yokohama.
  • Tanaka, Y., Miyamoto, S., & Karasawa, M. (2016, January). The Spread of Stereotypical Beliefs on Twitter: An Analysis of Linguistic Abstractness and Retweets. Poster presented at the annual Society for Personality and Social Psychology conference, San Diego.
  • 田中 友理・宮本 聡介 (2015) Twitterにおける情報伝達の特徴に関する探索的研究―ステレオタイプ関連性と言語的抽象度に注目して―, 日本心理学会第79回大会, 名古屋国際会議場, 9/24

受賞歴・助成金など

2016年3月
ICPS Travel Grant獲得

学会活動等

所属学会

日本心理学会, 日本社会心理学会, Society for Personality and Social Psychology, Association for Psychological Science

研究会など

  • 田中 友理(2016)被害者の違いが道徳判断に与える影響:道徳的能動性 (moral agency) と道徳的受動性 (moral patiency) の知覚に注目した検討, 名古屋大学・京都大学合同研究会, キャンパスプラザ京都, 9/28
  • 田中 友理(2015)Twitterにおけるステレオタイプ知識の拡散と言語的抽象度の関連, 名古屋大学・京都大学合同研究会, 名古屋大学, 9/11
  • 田中 友理(2015)話題提供③-明治学院大学「知的世界を楽しむためのアカデミック・スキル養成講座」によって習得した力と大学生活の変化について,こうしたら学生の学びは深まる:コーチングとピアラーニングによる学びのベース創り,初年次教育学会第8回大会ラウンドテーブル,明星大学,9/4
  • 田中 友理(2015)本学学生の思いは?-学生の思いと教員の思いのギャップ発見ワークショップ-,2014年度第3回FD研修会,富山国際大学,3/11

連絡先

tanaka.yuri[at]k.mbox.nagoya-u.ac.jp ※ [at]を@に変換してください