業績 | 名古屋大学情報学研究科 心理学講座 唐沢研究室

業績

論文

書籍

  • 北村英哉・唐沢穣(編著)(2018)偏見や差別はなぜ起こる?ー心理メカニズムの解明と現象の分析ー ちとせプレスLink
  • Tsukamoto, S., Kashima, Y., Haslam, N., Holland, E., & Karasawa, M. (2018). Entitativity perceptions of individuals and groups across cultures. In J. Spencer-Rodgers, & K. Peng. (Eds.), The psychological and cultural foundations of East Asian cognition: Contradiction, change, and holism (pp. 333-351). New York: Oxford University Press.Link
  • 唐沢穣・松村良之・奥田太郎(編著)(2018)責任と法意識の人間科学 勁草書房Link
  • 八田武志・戸田山和久・唐沢穣(監訳)(2014)本当は間違っている心理学の話―50の俗説の正体を暴く(スコット・O・リリエンフェルド/スティーヴン・ジェイ・リン/ジョン・ラッシオ/バリー・L・バイアースタイン著 50 great myth of popular psychology: Shattering widespread misconceptions about human behavior. Wiley. 2010)Link
  • Haslam, N., Holland, E., & Karasawa, M. (2013). Essentialism and entitativity across cultures. In M. Yuki & M. B. Brewer (Eds.), Culture and group processes (pp. 17-37). New York: Oxford University Press.Link
  • 宮本聡介・唐沢穣・小林知博・原奈津子(編訳)(2013)社会的認知研究ー脳から文化まで(S. T. フィスク/S. E. テイラー著(2008)Social cognition: From brain to culture. McGraw-Hill.)北大路書房Link
  • 唐沢穣・村本由紀子(編著)(2011)社会と個人のダイナミクス (展望・現代の社会心理学3) 誠信書房Link
  • Karasawa, M. (2011). Categorization-based versus person-based explanations of behaviors: Implications from the Dual-Process Model. In . R. M. Kramer, G. J. Leonardelli, & R. W. Livingston (Eds.), Social cognition, social identity, and intergroup relations: A Festschrift in honor of Marilynn B. Brewer (pp. 9-26 ). New York: Psychology Press.Link
  • 唐沢穣(2010)認知の社会的共有とコミュニケーション 日本認知心理学会(監修)・村田光二(編)「現代の認知心理学6 社会と感情」(pp.248-271)北大路書房Link
  • Karasawa, M. & Suga, S. (2008). Retention and transmission of socially shared beliefs: The role of linguistic abstraction in stereotypic communication. In Y. Kashima, K. Fiedler, & P. Frytag (Eds.) Stereotype Dynamics: Language-Based Approaches to the Formation, Maintenance, and Transformation of Stereotypes (pp. 241-262). New York: Lawrence Erlbaum Associates.Link
  • Karasawa, M., & Maass, A. (2008). The role of language in the perception of persons and groups. In R. M. Sorrentino & S. Yamaguchi (Eds.), Handbook of Motivation and Cognition Across Cultures (pp. 317-342), San Diego, CA: Academic Press.Link
  • 唐沢穣(2007b)対人関係と責任の心理学 山本顯治(編)「法動態学叢書:水平的秩序4 紛争と対話」(分担執筆 pp. 1-22.)法律文化社Link
  • 唐沢穣(2007a)対人関係と述語 岡本真一郎(編)「ことばのコミュニケーション―対人関係のレトリック」(分担執筆 pp. 2-15) ナカニシヤ出版Link
  • 菅さやか・唐沢穣(2006)人物の属性に関する「具体」と「抽象」―社会心理学的見地から― 中川正之・定延利之(編)シリーズ言語対照「言語に現れる『世間』と『世界』」(分担執筆 pp. 31-45)くろしお出版Link
  • 唐沢穣(2005) 集団過程 海保博之監修・唐沢かおり編「朝倉心理学講座7・社会心理学」(pp.142-162) 朝倉書店Link
  • 唐沢穣(2003)エスノセントリズムと集団間葛藤-社会心理学的アプローチ 河田潤一・荒木義修(編著)「ハンドブック 政治心理学」(分担執筆 pp. 124-133) 北樹出版Link
  • 唐沢穣(2002) ステレオタイプ 他 山本眞理子・外山みどり・池上知子・遠藤由美・北村英哉・宮本聡介(編) 「社会的認知ハンドブック」 (分担執筆) 北大路書房Link
  • 唐沢 穣・池上知子・唐沢かおり・大平英樹(共著)(2001)「社会的認知の心理学―社会を描く心のはたらき」 ナカニシヤ出版Link

学会発表

2021
Kasahara, I. & Karasawa, M.

Selective exposure toward similar opinions among Japanese citizens: Mediational roles of personally experienced cognitive dissonance and interpersonal sense of shared reality. Paper presented at the 14th biennial conference of Asian Association of Social Psychology, Seoul, Korea (July 31: Virtual Convention).

2021
Kasahara, I. & Karasawa, M.

Interpersonal selective exposure in Japan: The sense of lacking shared reality and decrease in relational motives make people aversive to an opposing opinion. Blitz presentation at the 44th annual meeting of International Society of Political Psychology, Montreal, Quebec, Canada (July 13: Virtual Convention).

2021
Kasahara, I. & Karasawa, M.

Selective exposure among Japanese citizens and its relational basis: Perceived threat to shared reality invites avoidance of an opposing opinion. Poster presented at the 22nd annual meeting of Society for Personality and Social Psychology. Austin, TX, USA (February 12: Virtual Convention).

2021
Kida, C., Park, G., Ishii, K., & Karasawa, M.

Food-Based Identity, Consumer Attitudes, and Moral Judgments. The 22nd Annual Convention of the Society for Personality and Social Psychology, Austin (TX), USA, February 11 (Virtual Convention).

2020
笠原伊織・唐沢穣

日本人を対象とした選択的接触の生起過程の検討:認知的不協和と共有現実への脅威の知覚による媒介過程に着目して 日本社会心理学会第61回大会 ポスター発表(学習院大学・11月7日~8日・オンライン開催)

2020
笠原伊織・唐沢穣

新型コロナウイルス感染者の情報開示に対する態度とその規定因:政治的イデオロギーが及ぼす効果に着目して 日本心理学会第84回大会 ポスター発表(東洋大学・9月8日~11月2日・オンライン開催)

2020
Kasahara, I., Usami, M., & Karasawa, M.

Stereotype priming effects on language use: Applying morphological analysis on conversational data. Poster presented at the 21st annual meeting of Society for Personality and Social Psychology. New Orleans, LA, USA (February 27).

2020
Karasawa, M., Tsukamoto, S., & Ryu, H.

Can patriotism be distinguished from nationalism? Empirical evidence concerning Japanese national identity and its ideological significance. A poster presentation at the 21st Annual Convention of the Society for Personality and Social Psychology. New Orleans, LA, USA (February 29).

2019
木田千裕・池上知子

障がい者に対する支援的態度の規定因ー分配的公正観との関連ー 日本社会心理学会第60回大会 ポスター発表(立正大学・11月10日)

2019
笠原伊織・宇佐美まゆみ・唐沢穣

女性ステレオタイプのプライミングが言語使用に及ぼす影響:「女性」の生起割合と共起語の差異に着目して 日本社会心理学会第60回大会 ポスター発表(立正大学・11月9日)

2019
唐沢 穣・浅井暢子

日本的イデオロギーと分断の可能性:調査データ 日本心理学会第83回大会公募シンポジウム「『分断社会』の心理的起源:計算論的手法で読み解く政治的意見の形成・伝搬過程」話題提供者 (立命館大学・9月12日)

2019
松尾・笹原・田口・唐沢

Moral Foundations Dictionary日本語版の作成 第3回計算社会科学ワークショップ 3月

2019, March
Nakamura, H., Matsuo, A., & Majima, Y.

Individual Differences in Anthropomorphism and Attitude Toward Nonhuman Agents in Japanese. International Convention of Psychological Science Conference, Paris, France.(ポスター)

2019
Kida, C., Yada, N., & Ikegami, T.

Why Are People Reluctant to Help People with Disabilities? A poster presentation at the 20th annual meeting of the Society for the Personality and Social Psychology. Portland, OR, USA (February 7).

2019, February
Kershner, A., Sansevere, K., Hardy, P., Remache, L., Matsuo, A., & Brown, C.

Consensus in perceived moral violations: A comparison of Japan and the U.S. Eastern Psychological Association conference, New York. (ポスター)

2018a
唐沢 穣

集団の意図と責任―社会心理学的検証― 応用哲学会第10回年次研究会(ワークショップ「責任と法をめぐる『素朴理解』に関する実証研究とその哲学的含意」話題提供者(名古屋大学・4月8日)

2018b
唐沢 穣

集団の意図と責任 -実体の認知か擬制か-日本心理学会第82回大会公募シンポジウム「法学と社会心理学の出会い(3)素朴法意識の諸相」話題提供者(仙台国際センター・9月27日)

2018
松尾・笹原・田口・唐沢

Moral Foundations Dictionary日本語版を用いた道徳違反単語数の日米比較 日本心理学会 第82回大会 9月(ポスター)

2018
唐沢 穣・塚本早織・柳 学済

日本人の国民・国家意識とそのイデオロギー性:愛国心、ナショナリズム、国際主義の現在 日本社会心理学会第59回大会 口頭発表(追手門学院大学・8月29日)

2018
木田千裕・矢田尚也・池上知子

身体障がい者に対する支援的態度の阻害要因の検討-社会的支配志向性と優越性脅威の影響- 日本社会心理学会第59回大会 ポスター発表(追手門学院大学・8月28日)

2018
金内さよ・三浦麻子・唐沢穣

報復や報恩は連鎖するか: 社会的地位関係の変化が報酬分配に及ぼす影響 日本社会心理学会第59回大会 口頭発表(追手門学院大学・ 8月28日)

2018
Hirozawa, P. Y., & Karasawa, M.

Accepting a request with implied rule violation: A Brazil-Japan comparison on underlying psychological processes. A paper presented at the 24th International Congress of International Association for Cross-Cultural Psychology. University of Guelph, Ontario, Canada (July 4).

講演等

  • 唐沢穣 陰謀論をめぐる受容と抵抗の心理過程 第6回 ザ・プロフェッショナル・レクチャー(指定討論) 名古屋大学大学院情報学研究科・グローバルメディア研究センター (2020年11月19日)

  • 唐沢穣 心の壁と格差社会  日立財団  多文化共生社会の構築シンポジウム 日立シビックセンター(2020年1月26日)

  • 唐沢穣 日本社会における多文化共生社会実現の壁―心のグローバル化(パネル・ディスカッション) 日立財団 多文化共生社会の構築シンポジウム  アキバホール(2019年11月4日)

  • Karasawa, M. The use of transitive verbs elicits the perception of blame, power, and trait characteristics of the speaker. D. P. S. S., University of Padova, Italy. (March 26, 2019).

  • 唐沢穣 ことばの綾と対人認知の機微 ―エージェンシー、責任、そして非難―  ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 関西学院大学・大阪梅田キャンパス (2018年8月27日)

  • Karasawa, M. The moral meaning of diligence among Japanese people. D. P. S. S., University of Padova, Italy. (March 21, 2017).

  • Karasawa, M. Immoral character invites harsher punishment: An analysis of retributive and utilitarian motives. Departmental Seminar at the Department of Psychology, The University of Hong Kong (December 2, 2016).

  • 唐沢穣「組織の責任」を問う心のしくみ ―社会心理学の立場から― 千葉大学博士課程教育リーディングプログラム「免疫システム調節治療学推進リーダー養成プログラム」『高い教養を涵養する特論』 (2016年5月13日)

  • 唐沢穣 集団の認知とコミュニケーション 第12回群馬大学社会心理学セミナー(公開講座) 群馬大学大学会館ミューズホール(2015年11月30日)

  • Karasawa, M. Roles of causal inferences and language use in blaming others. D. P. S. S., University of Padova, Italy. (January 29, 2015).

  • Karasawa, M. Making sense of people in cultural ways: The role of psychological essentialism. Institute of Personality and Social Research, University of California at Berkeley. (October 1, 2014)

  • Karasawa, M. Blameworthy character invites harsher punishment: A social psychological approach to punitive motives against individuals and groups. Keynote speech at the joint meeting of the 4th Asian Conference of Psychology and the 4th Asian Conference on Ethics, Religion & Philosophy. Osaka International Convention Center (March 28, 2014).

  • Karasawa, M.Judgment of morality and the motivation to punish : Comparing retributive and utilitarian justice. Faculty of Psychology, University of Indonesia. (August 19, 2013).

  • 唐沢穣 裁判員の判断と社会心理的要因の影響 日本心理学会公開シンポジウム「裁判員制度をめぐる心理学的諸問題―何が課題か,どう対処するか」学習院大学(2013年6月8日); 同志社大学(2013年11月9日)

  • Karasawa, M. The perception of intentionality and responsibility for a group. Presentation at Michael Morris Lab, Columbia Business School. (March 22, 2012)

  • Karasawa, M.Punishing immoral and inhuman characters: Potential roles of utilitarian and just desert motive. Presentation at John Jost’s Lab, Department of Psychology, New York University. (March 19, 2012)

  • Karasawa, M. Immorality and Inhumanness influence punitive motives. Presentation at Susan Fiske’s Lab, Department of Psychology, Princeton University. (March 16, 2012).

  • Karasawa, M. When people use groups a s a basis for explanations: Salience, entitativity, and essence of groups. Colloquium at the School of Psychology, University of Queensland, Australia (September 2, 2011).

  • Karasawa, M. Responsibility for Unintended Acts and the Use of Language: Potential Commonalities and Differences across Cultures. Invited Colloquium at Department of Psychology, East China Normal University (Dec. 8, 2010).

受賞

2021年03月29日
Kasahara, I. International Society of Political Psychology Early Career Committee (ECC) Travel Award
2020年09月23日
Kida, C. Society for Personality and Social Psychology Graduate Registration Award
2020年09月22日
Kasahara, I. Society for Personality and Social Psychology Graduate Registration Award
2020年06月26日
笠原伊織 日本心理学会国際会議等参加旅費補助
2020年06月22日
笠原伊織 日本社会心理学会大学院生・若手研究者海外学会発表支援制度
2020年03月24日
木田千裕 大阪市立大学文学研究科優秀修士論文賞
2019年12月24日
笠原伊織 日本社会心理学会若手研究者奨励賞
2018年03月22日
木田千裕 大阪市立大学文学部優秀卒業論文賞
2013年11月01日
浅井暢子・唐沢穣  日本社会心理学会奨励論文賞